ハイリターンな人生。

意外と休日を確保できる

金融系システムエンジニアはよく激務などと言われ、休日出勤や長時間残業が当たり前のようなイメージを抱えている人も多いようですが、基本的に休日はきっちり取れるのが普通です。
法の目が緩い頃には休日返上などという事もあったようですが、それは過去の話です。
実際のところ違法に労働させるメリットより、それが発覚した場合の信用の失墜や法的罰則のデメリットの方が大きいため、よほど異常な経営思想を持つ会社でなければそんな事はありません。
納期については金融系は特に厳しいので納期直前は忙しかったり、システムを導入するのがどうしても土日でなければ入れにくい部分があるので、そういった場合には休日出勤になる場合もありますが、一般的な企業であれば振替休日をきっちり貰えます。
そのため休日をプライベートの時間に充てる事も出来ますし、スキルアップを図るための自身の勉強の時間に裂く事も可能です。
特に本社常駐であれば企業のタイムスケジュールに沿って動いていくため、待遇面に関してはしっかりしています。
業界としては人員が不足しているのは確かで、システムエンジニア一人あたりの業務量は多くなりがちで忙しいのも事実ですが、意外と週休はちゃんと貰えますし、一時期問題になった有給の買い取りなども禁止されている所が多いので、繁忙期で無ければ有給なども取りやすくなっており、長期休暇で海外旅行なんて事もあります。
少なくとも法定労働時間を超えて業務をさせる企業の方が圧倒的少数派で、金融系システムエンジニアの待遇はかなり改善されています。
しかし一応突然のトラブルにも対応出来る様に、会社からの連絡はいつも繋がるようにしておいた方が良いでしょう。